社会問題

警察官の威圧的な行為が驚きの映像、こんな横暴を許していいの?

「何なら今度立ち入りしようか?正規に呼んで、あなたが知らないような法律のことも私はいっぱい知っている」とリサイクル店で話す人、内容だけでもとても恐ろしいことを発しているのが分かります。
なんとこの発言をしているのは現職の警察官、自らが名乗っているのだから驚きです。これは2019年6月11日、香川県丸亀市にあるリサイクル店で実際に起きた真実、あなたはこの内容から何を感じますか。

警察官による威圧的行為の映像内容

今回の映像は、「本当にこんなことを話す警察官がいるの?怖すぎる」と言った内容です。

「いや、それおかしいじゃないですか?え?お金ですかか?ってなる、お金だけということですかって言いましたよね?ね!」と段々声が大きくなり威圧的に発する警察官と名乗る男性、話し方はとても公務員とは思えません。ハッキリと言って脅しているようにしか見えないのです。
「わし今丸亀署の生安(生活安全課)の担当者や、古物の、底の責任者や」と自らの立場を「現職の警察官」と明かしています。男性警察官がリサイクル店に訪れた理由は、食器やぬいぐるみを売るため、プライベートで来店したのです。あなたの今やっている行為が市民の生活安全を脅かしていると分からないのでしょうか?

事の原因は、持ち込んだお皿の一枚が破損していることでした。これに対し店員が買い取れないと説明したところ「おまえらが割った分やろが」と話してきたとのことです。現職の警察官は「皿は店側が割った」と主張してきたのです。

そのためお店側に謝罪を要求、それに対しリサイクル店側は弁償を提案すると、現職の警察官が「お金ではない」とヒートアップした結果、「なんなら今度立ち入りしようか?」との発言に至ったそうです。

約1時間にわたり続いた執拗なクレーム、プライベートなのに職権を乱用していることが映像からも分かります。このものすごい威圧に耐えかねた女性定員が泣き崩れるように過呼吸を発症、その様子をみた現職の警察官は突如店を後にしたのです。多分「まずい」と思ったのかもしれません。

警察官が立ち去った後のリサイクル店の対応

その後オーナが警察に通報、警察官の前で現職の警察官と名乗る男性に電話をすると「いちいち売りに行ったもんの話せんとあかん?」と自分は被害者と主張したようです。

「警察としてちゃんとせぇへんかったら、俺、そのまま今度立ち入り行くわ本気で」と電話でも職権乱用ともとれる話をしてきたのです。

この人はもしかすると警察官がではないのでは?リサイクル店を脅迫するために嘘をついているのだ!と警察のことを信じている人たちは、このように考えられる行為です。とても現職の警察官が発する言葉とは考えられません。市民を守ることなど考えてない悲しい内容、そのため「警察官でない」ことを願いたいと映像を見ていると思ってしまいました。

しかし、残念ながらこちらの現職の警察官と名乗る男性は本当に警察官だったのです。

警察官が上司とともに謝罪のため来店

この出来事から4日後、警察署の上司と謝罪に来店しましたが、リサイクル店によるとほとんどが言い訳だったようです。もしかすると、映像が残っていることを示唆したために警察署がとった行動かもしれません。「すみません」と言われていたものの挨拶程度のものでした。

言い訳をしにくるとは、非を認めてはいけないと行動と考えることができます。その対応からリサイクル店では7月1日に告訴状を提出、県警は「威力業務妨害」の疑いで捜査を開始しました。

現職の警察官と言ってる男性が勤務する丸亀署では「署員が告訴されて大変残念であり、今後、このようなことがないよう指導・教養を徹底してまいりたい」とコメントしました。

警察官の威圧的な行動による口コミ

やはり今回は、呆れる口コミが多数みられます。Twitterの内容を確認してみましょう。

警察官のモラルが問われる内容、とても許せることではありません。もしかすると泣き出した女性店員は一生のトラウマになるかもしれない、それぐらいの態度だったということが映像からも分かりました。

公務員のモラル

警察官のこのような職権乱用ともいえる映像は本当に情けないです。ただ警察官の中にもしっかりと対応を行う人もいます。市民におちょくられる動画を見た事がありますか?

警察官をおちょくる動画、モラル低下を考える

この中では「さすがは警察官」といった行動をされていました。本当に一部の人なんです。おかしな発言や行動をする人に対し、警察官だからとひとくくりにしないということに、十分注意しましょう。

国会議員や警察官、学校の先生においても公務員でありながら信じられない行動をする人がSNSやニュースで散見されます。〇〇だからと考えず、個人としてこれらの問題行為を考えるようにすることが大事です。